コーチブログCOACH BLOG

グリップについて

ゴルフでも、他の競技でも、道具を使って振るにはグリップが重要です。

かと行って、よほどの変な握り方でない限り、その方の握りやすい握り方、振りやすい握り方でいいと思います。

私自身はオーバーラッピングで握っていますが、力のない人はテンフィンガーで握ってもらったり、今はやりの野球グリップでもOK。

ただ、最近はやりのインターロキングはあまりお勧めしません。

何故なら、力のある人達のの握りというか、力が入りにくいグリップであるのは確かです。

この反対のことを聞く方が多いように思いますが、インターロッキンググリップは怪我をしやすいグリップでもあります。

握り方の要点としては、左手はできるだけゆるく握ることをお勧めします。

ゆるく握っていても、グリップ自体がテーパーになっているのでよほどでない限り抜けて飛んでいくことはありません。

よく左手の小指、薬指、中指の3本でしっかり握ることを勧める方もいますが、私は反対です・・・

本来、物を握るということ自体ごく自然で、握り方、力の入れ方なんかも聞かなくても握れているはずなのに、ゴルフだけ何か特別なものを握らされているような感じで、特別注意をされているようですが、見当違いの握り方をされている方を多く見かけます。

昨日も、初めてラウンドレッスンに来て頂いた40代女性

スライスすると悩んでおられましたが、練習場でグリップの要点を話し、ウィークになっていたグリップをスクエアに握ってもらった瞬間、素晴らしいストレートを打っておられました。

左手に関しては、スクエアか、ややフックに握って入ればそれで十分です。

あとはできるだけ指先で握って入れば十分です。

手のひらで握りすぎないことも重要なポイントです。

右手の握り方ですが、右手もかぶせすぎると力が入りませんし、手のひらで握りすぎるとフックの原因にもなります。

クラブヘッドの力が伝わる握り方ができれば、グリップはそれでいいのです。

細すぎるグリップはフックに握りやすく、太すぎるグリップはウィークに握りやすいと知っていることも大切です。